口座を開設してみよう

  • 口座を開設してみよう
  • 口座を使い分ける
  • 無料セミナーを活用

口座を使い分ける

どのFX取引会社でも、実際に取引をしなくても口座を開設することは可能です。各社の得意分野や特徴を見きわめて使い分ければ、有利に取引できるだけでなくリスク回避にも役立ちます。ぜひ検討してみましょう。

STEP1 実取引用の口座を開く
実際に取引を行うメインの会社をまずは決定します。メインの会社を選ぶポイントは、サポート体制が整っており、かつ取引にかかるトータルコストが安いこと。為替手数料の安さだけではなく、見落としがちなスプレッドや口座維持手数料も必ずチェックしましょう。実際のトレーディング画面が使い易いかどうかも事前にチェックしましょう。また、安心して取引するためには信頼性の高い取引会社を選ぶことも重要。金融先物取引業登録の有無、資本金や実績などをホームページで確認してみましょう。

手数料で見る

STEP2 情報収集用の口座を開く
投資情報を得るための金融マーケットや外国為替関連ニュース、為替相場分析などの情報を、初心者にもわかりやすく提供している取引会社に口座を開設します。こういった情報は、為替相場の動向をつかむためには欠かせないものです。充実した情報源を大いに利用し、実取引に役立てましょう。

注文機能で見る

STEP3 スワップ金利に強い口座を開く
スワップ金利(スワップポイント)とは、取引する通貨の売買によって生じる2通貨間の金利差調整分のこと。投資家にとっては受け取るスワップ金利が高く、支払うスワップ金利が安い方が有利です。特に中・長期的に金利を受け取りたい場合、スワップ金利の高さは重要。スワップ金利は取引会社によって異なりますので、有利な会社に口座を開設し、利益を確保できるようにしておきましょう。

スワップポイントで見る

主なポイントを挙げましたが、この他にも取扱通貨やスプレッドの額、注文方法の種類など選択条件は多岐に渡ります。候補を決めたらまずは資料を取り寄せて、自分の投資スタイルに合わせて比較すると良いのではないでしょうか。

取扱商品で見る

スプレッドで見る

業者を選ぶ
  • 口座を開設してみよう
  • 口座を使い分ける
  • はじめての人に